ペットショップに行こう|犬や猫がいるお店探し

男性

甘やかさないようにする

犬

子犬を飼った際には、基本的なしつけをしておいた方が良いでしょう。犬のしつけを行っていないと、大人になると言うことを聞いてくれなくなってしまいます。また、家にお客さんが来た際や散歩に行った時に、噛んでしまうことがあります。そうなると周りに迷惑を掛けてしまいますし、噛まれてしまった方に怪我を負わせてしまうこともあります。攻撃をした犬もなにが悪いのか判断できなくなってしまいます。そういったトラブルを起こさないためにも、犬のしつけをしっかり行っておくと良いでしょう。犬のしつけをする時期としては、子犬の頃が訓練しやすいですし、指導したことを吸収してくれます。子犬は生後半年経過すると人間で考えると、要リエンや小学校に入学するくらいの年齢になります。そのため、半年経過したら基本的なしつけをするには良い時期といえます。

犬のしつけをはじめる際には、まず名前を覚えさせるようにしましょう。犬に自分の名前を認識さるために、何回も呼びかけなくてはなりません。名前を覚えさせることで、犬が自分を呼んでいると意識付けることができます。名前を呼んで反応した際には、しっかり褒めてあげると効果的です。反応したら名前を呼んで飼い主がいるところまで来るようにしつけてみましょう。その際には、注意点があり叱るために呼んではいけないということです。叱る時には自分から犬の元に行くようにしましょう。犬のしつけには、トイレの場所や甘噛みを禁止させる、待たせるなど様々なものがあります。